ブログ

口腔ケア講習会

  • 研修・セミナー
  • 熱海伊豆海の郷

昨日、初めての研修を行いました。

「第一回口腔ケア講習会」

外部より、歯科衛生士の方をお招きし、職員約40名が受講しました。

この研修は、職員の口腔ケア支援のスキルをあげ、お客様の口腔内の衛生を保つことで、誤嚥性肺炎や内臓疾患を予防することを目的としています。

職員がモデルとなり、実践を通して具体的な方法を教わったり、口腔ケアに入る前のほぐし方だったり、日々口腔ケアを行っている職員でも勉強になることが多かったようですひらめき

 

研修が始まる段階で、講師の櫻田先生から問いかけがありました。

「この中で、実際に人に歯を磨いてもらった方はいらっしゃいますか?」

一人手をあげた方がいましたが、やはりほとんどの方は人に磨いてもらったことはありません。

「是非一度、職員同士で磨いてみください。人に口の中を磨いてもらってみると、力加減等がわかるようになります。」とのこと。

まずは自分が体験してみることが大切なんですねexclamation

最後の質問から櫻田先生がおっしゃったことがとても印象に残りました。

「心を開くと口が開く」

口の中は無防備な場所。信頼していない人に口を開くのは誰だって嫌なものです。口を開いてくださらない方には、まずは心を開いていただけるような努力をしてみましょう、というお話でした。

 

学んだ内容、すべてをすぐに実践するのはとても難しいと思います。

しかし、講義の中にあったものを一つでも多く日々の口腔ケア支援に活かし、半年後、一年後、誤嚥性肺炎になる方を一人でも多く減らせるよう、取り組んでまいりたいと思います。

ご協力いただいた、歯科衛生士の櫻田様、立山歯科医院様、誠にありがとうございました。

 

2019年5月17日

熱海伊豆海の郷 管理課 新里陽子