ブログ

交流会②~伊豆山小学校~

  • イベントレポート
  • 熱海伊豆海の郷

昨日、2回目の伊豆山小学校交流会を行いました。

1回目はこちら

交流会~伊豆山小学校~

 

今回は、短冊に願い事を書いて、七夕飾りを完成させましたぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、どんな願い事を書くのかと思っていましたが・・・

 

「一年元気で過ごせますように」

「テストのせいせきがよくなりますように」

「野球がうまくなりますように」

 

真面目ですdouble exclamation

もっと欲にまみれた願い事を書くのかと思っていました冷や汗 (顔)

健康管理も勉強もスポーツも、頑張りましょうねわーい (嬉しい顔)

因みに養護老人ホームの方たちも、様々な願い事を書いていましたexclamation

 

「病気が治りますように」

「転ばないよう皆で助け合いましょう」

「いつまでも元気で過ごせますように」

 

健康に関することが大多数でしたが、こんなものも発見しましたひらめき

「オーケストラをバックに歌ってみたい」

なかなか難易度の高い願い事ですが、いつか叶うといいですねほっとした顔

最後は、皆で飾り付けをしましたぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

 

とっても賑やかになりましたねぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

今回は、子供たちに自宅と高齢者施設の様々な違いに気づいてもらおうと、施設見学も実施しました。

廊下を歩いている段階から、たくさんの質問が飛び出しますexclamation

 

 

 

 

 

 

 

子供たちの視点には本当に驚かされますうれしい顔

全てが新鮮なんですねdouble exclamation

お部屋の中や、お手洗いも見ていただきました。

皆、相談員さんの話を聞きながら、しっかりメモを取ります鉛筆

 

「どうしておトイレがこんなに広いと思いますか?」という問いかけには

「車イスでも入れるようにexclamation

「ふたり一緒に入れいるように」

という答えが返ってきました。

小学生であっても、しっかりと福祉の視点で物事が考えられることに感動しましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

熱海伊豆海の郷では、子供たちが夏休みの期間を利用して、小学生対象の福祉ジュニアスクールや中学生対象のサマーショートボランティアなどを実施しております。

福祉に対する理解を深めてもらいながら、思いやりの心を育み、ひとりひとりが地域社会で暮らしているんだという実感を持っていただければと考えています。

今年の夏もたくさんの子供達がやってくるのを、楽しみにしていますわーい (嬉しい顔)

 

2019年6月12日

熱海伊豆海の郷 広報・地域交流委員会 新里陽子