ブログ

~ 真夏の涼を求めた食事の為の下準備です ~

  • イベントレポート
  • 百恵の郷

皆さん こんにちは手 (パー)

季節は梅雨の真っ只中雨小雨雨小雨雨小雨梅雨前線が停滞し、南からは暖かい空気が流れ込んで台風台風台風今週一杯は雨が降ったり止んだりを繰り返す蒸し暑い日が続きそうですネうれしい顔うれしい顔うれしい顔

さて暦は今日から7月に入り右斜め上右斜め上小雨が降りしきる中で、施設の屋根付きの渡り廊下では、何やら新たな作業が始まりましたハートスペードダイヤクラブ

そうです手 (チョキ)手 (チョキ)手 (チョキ)流しソーメンを行う為の本物の竹を使った半筒の制作が始まったのでしたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

 

近くの知り合いの竹山から、太くて長い竹を切り出し、今日からはひらめきひらめき流しソーメンが流れる半筒ひらめきひらめきをシルバーの職員さんが作って下さっていますリサイクルリサイクル

毎年毎年流しソーメンは夏の恒例行事チャペルチャペルとなっていますが、この本物の竹を使用した半筒は、1年間の保管が効かない為に毎年制作せざるを得ないのです冷や汗2 (顔)冷や汗2 (顔)

相応の長さに切断すると、約30~40センチおきにある竹の節を削っていきますリサイクルリサイクル

 

この節を削らない事には、流したソーメンが途中で勢いがなくなり止まってしまいむかっ (怒り)流れないソーメンむかっ (怒り)になってしまいますパンチパンチ

こうして作業を行っていると、同じ富士宮の施設であるチャペル特別養護老人ホーム楓の丘の職員さんチャペルも加わり、さらに百恵の郷に入所しているお客様も物珍しそうに窓越しにその作業を見つめる輪に加わりましたチャペルチャペル

 

ー (長音記号2)真夏の涼を求めた流しソーメンは7月半ば過ぎから湖成会の各施設でイベントー (長音記号2)として行われますが、このような事前の準備を経て行われることに、感謝の念をいだきながら当日を迎えたいものです目がハート (顔)目がハート (顔)目がハート (顔)