ブログ

危険な地域住民の来設

  • その他
  • 熱海伊豆海の郷

熱海といえば、優雅なリゾート地をイメージする方が多いかと思いますが、海岸沿いから少し上っていくと、すぐに山。

山には多くの野生動物がいます。

そして、山間部にも住宅がひしめく熱海は、野生動物に遭遇することも珍しくありません。

 

熱海伊豆海の郷には、そんな熱海ならではの警報が発令されることもしばしば。

 

その名も「 サル警報 」

 

先日、久しぶりに発令exclamation

 

 

写真には一匹しか写っていませんが、周辺には10匹を超えるサルの軍団があせあせ (飛び散る汗)

「サルが施設周辺にきています。」という館内放送をかけて注意を促します。

人里に近いところに生息しているサルは人を怖がりません。

それどころか、人を見て、子供や女性だと、危害を加えてくることもあります。決してエサなど与えてはいけないんですexclamation

熱海市の公式HPでは、サルやイノシシに対する注意事項のページもあるほど。

 

遠くから見ているだけだと可愛いんですが、注意が必要ですexclamation

今後も、危険な地域住民(サル)の来設には注意を払い、放送で呼びかけていきます。

 

2019年8月9日

熱海伊豆海の郷 管理課 新里陽子