ブログ

総合防災訓練&防災倉庫の総点検

  • イベントレポート
  • 百恵の郷

みなさん こんにちは

夏の日差しがカンカン照りという訳ではなく、なまアタタカ~イ空気が立ち込め湿気の高いイヤな梅雨の天気ですネ

このような天候の中、7月4日(火)10:00から百恵の郷では、施設全体が大災害に襲われた前提で、総合防災訓練が行われました

先ずは大地震に襲われ、各部署から被害状況の報告が災害対策本部に届けられます

この報告も束の間、突然、総合防災盤から火災発生の大音響が鳴り響き、消化係が火災現場へ消火器を持ち初期消火に努めますが失敗、災害対策本部へ消防隊の出動をいち早くお願いする為、約50メートルを猛ダッシュです

この後、施設内には全館放送が入り、百恵の郷内にいらっしゃる全てのお客様約100名と職員約50名が、避難出口3箇所に分かれて避難を行います

避難開始から約10分、今日訓練を行った時間帯は職員数も多く、新しく設定した避難経路でも大きな混乱はなく避難を終了しました。

とは言っても、細かな課題は残りましたので、次回までにこの課題を克服して秋の総合防災訓練に臨みたいと思います。

また今日は、施設内で結成されている防災委員がその場に残り、防災倉庫に備蓄・保管されているものの総点検と整備を行いました。

非常食の数量や賞味期限の確認であったり、携帯用発電機のエンジンを1年ぶりに掛けてみたり、灯油やガソリンの備蓄量と暖房器具の点検だったりと・・・・・

確認、整理整頓すること約2時間、汗だくになりましたが、ここまでやっておけばダイジョウブって感じです