ブログ

富士山の一輪挿しを作りました(^o^)

  • イベントレポート
  • 百恵の郷

皆様こんにちは手 (パー)本日はホワイトデーでございます乙女座乙女座乙女座

男性の皆様はチョコを頂いた女性達にきちんとお返ししましたかexclamation and questionexclamation and question 最近では義理チョコも少なくなって友チョコや自分チョコが多くなっているので、お返しする事も少なくなり、世の男性陣もホッとしているのでしょうねブタブタブタ

きちんとお返ししないと後で大変なことにあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)・・・なるかもしれないので気をつけましょうかわいいかわいい

さて、本日ひらめきひらめき百恵の郷デイサービスでは陶芸教室ひらめきひらめきが開催されました

今回はチャペルチャペル「富士山の一輪挿し」チャペルチャペルを作成します。

先生が作った見本がこちらハートスペードダイヤクラブ目目目

先生のこだわりは宝永山もポコッと作ることだそうです指でOK指でOK早速作っていきましょうムードムード

まずは粘土を円柱型にコロコロと丸めます。綺麗に円柱になったら4分割にするために3本の筋をいれます。1分割分を千切って紙の上におきます。残りの粘土は乾かないように濡れ布巾に包んで置いておきますひよこひよこ

紙の上に置いた粘土を少し叩いて平たくしたら、両端に木の板を置き、木の棒でコロコロします。この粘土が富士山の底の部分になるので、少し幅があると富士山ぽくなるそうですウッシッシ (顔)ウッシッシ (顔)

続いて濡れ布巾に包んであった粘土を叩いて平たくしたら、先程と同じように木の棒でコロコロします。のばしているいる時に、棒に粘土がくっつかないようにするために片栗粉を少し振りかけます。そうすると棒に粘土がくっつきませんペンギンペンギンこの粘土が富士山本体になります富士山富士山

次は先に作った富士山の底の部分の周りを歯ブラシでゴシゴシこすり、キズをつけます。同じように富士山本体の粘土も下になる部分をゴシゴシします。キズを作る事でくっ付きやすくなり、水を入れても漏れてこないそうですうまい! (顔)うまい! (顔)

底に本体の粘土をくるっと巻きつけます砂時計砂時計

継ぎ目が分からなくなるよう指でナデナデ 綺麗な形が出来上がりましたむかっ (怒り)むかっ (怒り)

形が決まったら色を付けるときに雪で白くしたい部分を鉛筆で軽く線をつけておきます鉛筆鉛筆

男性のお客様の雪のラインが独特で登山道の様だと大盛り上がりわーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

最後に自分の名前を鉛筆で軽く彫ったら完成です指でOK指でOK

これから先生の窯で焼いて頂く工程を経る為、で2ヶ月後には完成ですー (長音記号2)ー (長音記号2)ー (長音記号2)

陶芸の木村先生は月に2回ほど百恵で陶芸教室を開催して下さいますが、他にもいろいろなイベントに参加していらっしゃいまするんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

お客様も陶芸教室を楽しみにしていらっしゃるので、これからもよろしくお願い致します目がハート (顔)目がハート (顔)目がハート (顔)