ブログ

湖山医療福祉グループ 2019年度入職時研修 

  • 研修・セミナー
  • 採用

湖山医療福祉グループ 2019年度入職式

2日目は入職時研修を行いました!!

 

新入職員358名!圧巻ですぴかぴか (新しい)

新入職員の皆さんは、これから社会人として約50年生きていきます。

今は社会人としてのスタートをようやく切った中で、

今までの学生生活と、社会人生活は全く逆の立場になります。

今まで、学生の間は、お金を払って教育を受ける立場でしたが、

これからは目の前のお客様のためにサービスを提供する立場となります。

『自らの手を動かすこと』

『先輩職員から学ぶこと』

『先輩職員がなぜそうするのかを考えること、またもっと良い方法を見出そうとすること』

一見無駄なことに思えても、そこに確固とした理由があるのが福祉の現場です。

自分で勉強し、自分で学び、自分の力で成長する

これが出来る方が、社会人として成長していける方です。

まずは手を動かし、学び、考えていただければと思います。

今年度初めて行われたコンプライアンスの研修

法人は法律に則って規則を整備しています。

この規則は、一方的に押し付けているものではありません。

この規則を守ることによって、法人は職員の方々を守ることが出来ます。

福祉は特に個人情報に関わる部分の多いお仕事。

倫理観や一般常識を問われる場面も多くあります。

お客様のため、自分自身のため、法人のために法律や規則を学び、必ずを守っていきましょう。

 

 

最後は認知症サポーター養成講座

このシチュエーションの時の対応は?グループワークで意見を出し合います。

技能実習生の方々も熱心に学ばれておりました!

 

いよいよ集合での研修も終わり、明日からはそれぞれの配属に分かれての勤務となります。

最後に湖山代表が認知症サポーターは免許皆伝ではありませんとおっしゃられました。

これから働くうえで必要な人との関わりの方法。福祉の仕事への門戸を叩いたにすぎません。

これから50年。社会人として、福祉人として人と関わる中での一歩です。

これから学び、成長していけるよう、これまでの研修を、初心を忘れずに明日からの勤務に向かっていきましょう!

 

2019年4月16日

社会福祉法人 湖成会

法人事業部

新卒採用担当 渡瀨 祥子