ブログ

梅雨寒むの中・・・奇跡の流しソーメン!!

  • イベントレポート
  • 百恵の郷

皆さん こんにちは手 (パー)

ここのところの天候は、雨梅雨の長雨雨がよくもマア~こんなに長く続きますよネ~~~うれしい顔うれしい顔うれしい顔

おまけに5月上旬位の最高気温であり、ひらめき梅雨寒むひらめきという言葉が流行語になりそうですパンチパンチパンチ

さて今日百恵の郷では、夏の恒例行事で食欲が衰える夏場の時期でも涼を求めながら楽しく食事ができる、本物の竹を使ったむかっ (怒り)流しソーメンむかっ (怒り)が行われました

このような天候の為、例年通り屋外で出来るのかexclamation and question施設の中で行うとすると、どの場所でどのようなレイアウトであれば、お客様に一番喜んで頂けるのかexclamation and question気温も低いのでいっその事、今年は中止にするかexclamation and question等、様々な意見が飛び交う中、午前9時30分、日本気象協会の雨雲レーダーサーチ (調べる)の予想を基に、例年通り屋外でのテントを張っての流しソーメン決行と決まりましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

やる決定 (OK)決定 (OK)決定 (OK)と決まったらテント設営に手慣れた少数精鋭の職員が実に手際よくセッティングしていきます指でOK指でOK指でOK

 

営繕の職員さん手作りの竹も、微妙な角度で勾配をつけながら右斜め上右斜め下ソーメンが途中で止まらぬよう、そしてソーメンの流れるスピードが速すぎずダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)遅すぎずー (長音記号2)ー (長音記号2)にならぬよう、最後の微調整ですリサイクルリサイクルリサイクル

 

こうして11時45分、いよいよ流しソーメンのスタートですハートスペードダイヤクラブ

今年のソーメンはズバリ3種類かわいいかわいいかわいい通常の白に、梅のピンク、抹茶のグリーンでするんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

続々と上流からソーメンが流れていきます満月満月満月

 

お客様は流れてくるソーメンをお箸に引っ掛け、自分の器に移して食されますが、食べている最中も、目の前目を通り過ぎるソーメンが気になり、なかなかサイドメニューの用意されたおにぎりや天麩羅にお箸が伸びませんあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

そこで職員から一言「チャペルこれからの時間はおかずタイムです。ソーメンは一旦流すことをやめますので、目の前のおかずを食べましょうチャペル

このおかずタイムは大成功で、落ち着いた頃に再度ソーメンが流れ始めましたハートスペードダイヤクラブ

職員とワイワイガヤガヤの会話を楽しみつつ、お腹一杯の今年の流しソーメンが終了しましたわーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

 

雨に一滴も降られることのなかった今年の流しソーメンムードムードムード ひと読んで「ひらめき奇跡の流しソーメンひらめき」となりました

この後、テントの片付けが終わった13時30分頃から、再び雨がシトシトと百恵の郷を濡らしたとサ・・・・・かたつむりかたつむりかたつむり