ブログ

介護のおしごと体験バスツアー

  • イベントレポート
  • 楓の丘

8/9に楓の丘で「介護のおしごと体験バスツアー」が開催されましたさくらんぼ
小学校3・4年生の親子20組を対象に、県内の各施設で楽しく介護を学ぼう!というツアー🚌ダッシュ (走り出すさま)
楓の丘では2度目の開催ですが、今回もたくさんの方がして下さいましたわーい (嬉しい顔)ムード

 

まずは午前中は、施設見学🏡と3種類の食事形態の試食🥄
施設を作るにあたって、私たちがこだわったこと、大切にしている思い、お客様の過ごしやすい生活をサポートする様々なシステムについて、実際に建物の中を見て頂きながらご案内しました走る人
中には、たまたま施設を利用していたお孫さんとお年寄りが再開する場面もうれしい顔どんっ (衝撃)

試食では、「思ってたよりおいしい🤔」「これあんまりすきじゃない…😓」と感想はいろいろひらめき
様々な形態を用意するのは、体の状態が変わっても、出来る限りお食事を楽しんでいただきたいから
どういう状態に合わせてどういう形態の食事があるのかという説明は、子供たちもとっても真剣に聞き入っていました耳ぴかぴか (新しい)

 

お昼はバイキング形式でご用意しました🍽ぴかぴか (新しい)
から揚げやハンバーグ、冷製スープ、手作りコンビーフのサラダ、デザートのプリンなどなど…
みなさんお好きなものをお好きなだけ選んでいただきました揺れるハート

 

そして午後は、実際に車いすに乗ったり、重りや眼鏡をつけて高齢者疑似体験をしてもらいました👴👵
ちょっとした階段も足が上がらなかったり、いつもはすんなりいくお箸もつまむだけでひと苦労あせあせ (飛び散る汗)

あえて障害物を置いた細いコースでは、段ボール一枚置いてあるだけでなかなか前に進まなかったり、車いすに乗っている親御さんから「足ぶつかる!もっとゆっくり押して~ふらふら」という声もあせあせ (飛び散る汗)
実際に乗ってみると、私たちが歩くスピードで車いすを押すととても早く感じることがよくわかるんですよね車椅子
「楽しかったウッシッシ (顔)」というお子さんと「もっと安全運転でね…冷や汗 (顔)」という親御さんのギャップが印象的でした

 

体験のあとはラウンジで夏祭り企画に参加晴れ
かき氷やらくがきせんべいを楽しみながら、夏祭りに来ていたお客様と同じテーブルでお話したり、射的や輪投げのお手伝いもしていただきました指でOK
お客様もたくさん来て下さり、ラウンジは大賑わいるんるん (音符)るんるん (音符)

 

そして最後は修了証とメダルの授与🏅

県内にも様々な種類の福祉施設がたくさんありますが、普段はなかなか足を踏み入れることはない場所
「今は必要がなくても、こういうところがあるんだよと知っていてもらいたい」というお話を親御さんから伺いましたが、最後の夏祭りでは自然とお年寄りとお話するお子さんの姿もありました目ぴかぴか (新しい)
短い時間でしたが、見学やふれあいの中で、介護のおしごとの魅力が伝わっていたらいいなぁと思いますほっとした顔