ブログ

湖成会・白山福祉会合同 新入職員フォローアップ研修

  • 研修・セミナー
  • 採用

4月1日から約半年が経過し、新入職員の方々も各配属先に馴染み、少しずつ出来る業務が増えてきております。

各々の成長と、見えてきた課題を確認すべく、フォローアップ研修を行いました!

 

4月同様に、湖山医療福祉グループの姉妹法人である白山福祉会と合同です。

合同での新入職員研修の様子は下記をご覧ください!

新入職員研修3日目⇒http://www.s-koseikai.jp/blog/9281

新入職員研修4日目⇒http://www.s-koseikai.jp/blog/9316

9月1日に開設したばかりの新規施設『特別養護老人ホーム桜の丘』が会場となりました!

 

財津理事、高橋事業部長よりご挨拶。

4月の頃と比べると、新入職員の方々の表情はずいぶん変化しています。

 

 

【情報伝達について】

グループワークも積極的に話が出来るようになりました!

介護の仕事は交代勤務。人から人へ襷をつないでお客様の生活を支えていきます。

実際に目にしていない人に向けて、正しく情報を伝えてく難しさや

なぜ正確な情報が必要なのかということを、グループワークを通じで体感することが出来ました。

 

 

【食べることの大切さ】

白山福祉会 言語聴覚士の先生より、日々の生活で最も重要である『食』に関する講義を行っていただきました。

福祉施設を利用される方の中には、加齢や疾患により普通のお食事を食べることが出来ない方々が多くいらっしゃいます。

でも実際に、通常のお食事が難しくなった場合、「ドロドロしたご飯食べられますか?」

口からの摂食が難しくなった場合、「口から以外の方法で食事をすることを望みますか?」

命に係わる重要な場面、お客様のお気持ちと私たち介護に関わる職員が出来ることについてを

グループワークをしながら検討していきました。

最後に先日行われたチームケア学会での講義中に出てきた『ハ〇ピーターンは咽ない』を実践してみましたよ!

 

 

【「気になること」と「気にかけること」】

誰が誰に対して気になる?

誰が誰に対して気に掛ける?

「気になる」と「気にかける」の意味の違いにやや苦戦しながら、考える視点、気に掛けるための視点を学びました。

やっぱりお客様のことが一番気になる!お客様のことを一番気にかけています!といった意見が多数…。

また、職場環境の中で、上司や先輩職についての意見も出ておりました。

気になることから気にかけるに繋がっていく。お客様を思うこと

その思いを仲間と共有することでチームとしての連携が出来ることを学ぶ時間となりました。

 

 

最後には10月8-9日に行われる湖山医療福祉グループ フレッシャーズフェス2019 法人発表の練習を!

合同練習は今回が最後。当日の最終確認までは各自で行うこととなります。

さて、当日の出来栄えや如何に…?

フレッシャーズフェスについては終了後にご報告いたします♪

 

今回の研修を通して、それぞれの成長を感じるとともに、自分自身の課題点も見つけることが出来たと思います。

慣れてきた時期は特に基礎が大切!

配属部署の先輩、仲間としっかりコミュニケーションを取りながら多くを吸収し、

一人前の職員へと成長していただければと思います。

 

2019年9月26日

社会福祉法人 湖成会

法人事業部

新卒採用担当 渡瀨 祥子