ブログ

宙のとびらが取材を受けました!

  • メディア掲載
  • 宙のとびら

特別養護老人ホーム「宙のとびら」

神奈川県小田原市に2021年2月開設予定 

詳細はHPをご覧ください。

http://www.s-koseikai.jp/soranotobira/

 

湖山医療福祉グループが年に4回発行している「ケアギバーズマガジン」

介護に関わる全ての人に、業界の「今」と「これから」を伝えるヒューマンドキュメント誌です。

3月発行のVol.25に、現在建築真っ最中の宙のとびらが掲載されるとのことで、取材を受けました!

ここではサクッと取材の風景をお伝えしていきます。

今回インタビューを受けたのは、宙のとびら開設準備室の2名、湖成会の採用担当が1名、それと建設会社の担当の方も2名参加していただき、合計5名です。

宙のとびら開設にかける想いや、ここまでの苦労話など、それぞれの担当者目線でお話をさせていただきました。

驚いたのは、建設会社の方の想いです。

お話を聞きながら、「こんな熱い想いで宙のとびら開設に携わっていただいていたんだ・・・」と、プロ意識の高さにただただ感嘆。

インタビューの後は、建築現場へ。

建設会社の担当の方から

「ここが共同生活室になります」

「ここはお風呂になります」

など説明を受けながらまわります。

現場ではたくさんの方が作業されていました。

様々な職種のたくさんの方が建築に関わり、ひとつの建物が完成していく。

それを自分事として実感することができる、とても貴重な見学となりました。

 

こちらは、中からみた景色です。

左には相模湾が広がり、目の前には小田原城、右後方には富士山が見える絶好のロケーションです。

湖成会は、ロケーションが自慢の施設がたくさんあります。

どの施設もその土地ならではの美しさがありますし、それぞれの職員の想いがあります。

なので、ここが一番!とは言い難いところですが・・・

「小田原が一番!」

と開設に携わるメンバーは思っているに違いありませんウッシッシ (顔)

一年後、できたばかりの「宙のとびら」から見える今日と同じこの景色を、担当者はどんな気持ちで眺めるのでしょうか。

達成感、期待、不安・・・

いずれにせよ、開設はスタートに過ぎません。

これから刻んでいく「宙のとびら」の歴史。

その「今」と「これから」を考えるとても貴重な一日となりました。

 

最後に、関わる担当者の一部が集まり撮影。

記事の仕上がりがとっても楽しみです!

撮影にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

宙のとびらが掲載されるケアギバーズマガジンVol.25は3月31日発行。

各施設へは4月の中旬頃に届くと思います。

宙のとびら就職説明会でもお配りさせていただきます!

皆さま是非ご覧ください。

 

宙のとびら就職説明会スケジュールはこちらから

宙のとびらホームページはこちらから

2020年3月8日

社会福祉法人湖成会

採用担当 新里陽子