ブログ

奥深きOrigamiの世界2

  • イベントレポート
  • 熱海伊豆海の郷

私たち日本人が、小さい頃から慣れ親しんできた折り紙。

現在では「Origami」として世界共通語になり、世界中で親しまれています。

 

特に最近では、新型コロナウイルスによって、自宅で過ごす「おうち時間」が増えたこともあり、折り紙を楽しむ方が急増しているようです。

熱海伊豆海の郷は、折り紙を通じた活動に力を入れていますが、活動を盛り上げているのは職員だけではありません。

ウェルカムボードのブログではすっかりお馴染みのこの方々。

なんと、皆様80代なんです!80代の皆様が折り紙での活動を盛り上げてくれています!

 

活動風景はこんな感じ。

お昼を食べたあと、この場所に自然に集まり、お菓子と楽しいおしゃべりを交えながら折り紙を折るのが毎日のルーティーン。

「今日は何を作ってるんですかー?」

なんて声をかけると

「あんたも食べるー?」

と、こっそりお菓子をくださったりしますウッシッシ (顔)

 

ここで作った折り紙は、大きな作品になり正面玄関に飾らています。それがウェルカムボードです。

最新の作品は「紫陽花」

 

前回の「桜」を外して「紫陽花」に切り替えています。

パネルより背の高い顧問は、高い所担当。

新しい作品を貼り

「もうちょっと左が上!」

「あー!上げすぎだよ」

なんて言いながら準備する様子は実に賑やか。

話もあっちこっち飛びます。

そしてようやく、細かいところのバランスを調整して完成です。

ひとつひとつ細かく作られた作品は、いつも正面玄関に季節感と華やかさを添えてくれます。

 

湖成会ではインスタグラムをやっています。

とっても可愛いこちらの作品。先日インスタグラムにあげてみました。

「#Origami 」を付けました。(これを付けることによって、Origamiに興味のある人が投稿を検索できる仕組みです。)

https://www.instagram.com/p/B_ojTWKngPZ/

世界中からたくさんのOrigami愛好家が「いいね!」をしてくれました。

熱海にある高齢者施設が、世界と繋がった瞬間です。

 

今まで熱海伊豆海の郷は、折り紙を通じて、お客様同士や、子供達、地域の方々など、たくさんの方と繋がってきました。

 

Origamiひとつで、それが世界にまで広がることがわかった、とても興味深い一日となりました。

奥深きOrigamiの世界、今後も更に広げていきたいと思います。

 

湖成会のInstagram

https://www.instagram.com/fuku_koseikai/?hl=ja

 

奥深きOrigamiの世界1はこちら⇒http://www.s-koseikai.jp/blog/11702

 

2020年5月9日